ONちゃんの    花散策と旅 
日本100名城
国史跡 八王子城跡 2017.10.27
 
 八王子城は、
小田原に本拠をおいた後北条氏の、三代目氏康の三男北条氏照が築いた山城です。
豊臣秀吉の関東制圧の一環で、
天正18年(1590)6月23日、前田利家・上杉景勝軍に攻められて落城しました。
この八王子城落城が決めてとなって、
本拠の小田原城は開城、氏照はこの時小田原に籠城中で
兄の氏政と共に城下で切腹し北条氏は滅亡しました。
八 王 子 城  
別 名  なし
城の種別 山城
築城者  北条氏照
築城年 天正十二~十五(1584-87)年頃
遺 構 曲輪、石垣、主殿跡、復元木橋、御主殿の滝
天守の構造
所在地  東京都八王子市元八王子
 特 徴
 
  八王子城跡
ガイダンス施設






 
   
   大手の門跡




発掘された
礎石や敷石などから
いわゆる「薬医門」と
呼ばれる形状の
門と考えられます。
   古道



戦国時代に
御主殿へと入る道として
使われていたと
考えられています。
   曳橋(ひきばし)
   曳橋(ひきばし)


古道から御主殿へ
渡るために城山川に
架けられた橋です。
  曳橋(ひきばし) 
    曳橋(ひきばし)
  曳橋(ひきばし) 
    
  虎口へ 
   
   櫓門跡



この踊り場から
4つの建物礎石が
発見されました。


敷石より10㎝程
高くなっています。
   虎口(こぐち)


曲輪の出入口のことを
虎口といいます。


御主殿の入口の門は、
冠木門といいます。
  御主殿跡



 
  御主殿跡


氏照の
館などがあったとされます。
落城後は、幕府直轄領や
国有林であった経緯から
当時のままの
状態で残っていました。 
  本丸へ向かって
登ります。
    
  こんな道を
登って行きます。 
   金子丸

金子三郎左衛門家重が
守っていたと
いわれている曲輪です。

尾根をひな壇状に
造成し敵の侵入を防ぐ
工夫がされています。

   本丸へ向かう途中の
見晴らし台にて
   八王子市街地他
素晴らしい眺望でした。
  柵門跡 



8合目の石があります。

山頂の本丸方面へ続く道の
尾根上に築かれた平坦地で
柵門跡と呼ばれています。
  柵門跡 
   八王子神社



氏照が
八王子城築城にあたり
城の守護神とした
「八王子権現」が
祀られている神社です。
      
  小宮曲輪


狩野一庵が守備した
といわれています。
三の丸とも一庵曲輪とも
呼ばれています。 
   小宮曲輪



天正18年(1590年)
6月23日に上杉景勝に
攻められここの陥落が
引き金となり、
山頂の曲輪が
次々と破られました。
   本丸跡



城の中心で、最も重要な曲輪。
平地があまり広くないので
天守閣などの大きな建物は
なかったと考えられます。


横地監物吉信が守備したと
いわれています。
     本丸跡
  北条氏照の墓へ



 
  階段を
登って行きます。



   
   北条氏照の墓
     北条氏照の墓
   家臣団の墓

 八王子城跡(2006.11.12)へ
 

ONちゃんの    花散策と旅