ONちゃんの    花散策と旅 
   明石海峡を望む丘陵に築城された平山城  
 明 石 城 2017.04.09
兵庫県明石市

 
 坤 櫓(ひつじさるやぐら)

徳川家康の曾孫で四郡10万石を領した小笠原忠真が
将軍家と姫路藩本多家の強い支援をうけて築いた城である。
明 石 城  
別 名  喜春城
城の種別 平山城
築城者  小笠原忠真
築城年 元和三年(1617)
遺 構 天守台、石垣、堀、
曲輪跡(東の丸・二の丸・本丸・稲荷曲輪,巽櫓、坤櫓
天守の構造 建築されず
所在地  兵庫県明石市大明石町 JR明石駅
  二基の立派な
櫓が見えます。



左が坤 櫓
右が巽 櫓


   
   
   
   巽 櫓
(たつみやぐら)
    この日は、
櫓が公開されており
中に入ることが
できました。 
   
   巽 櫓
   坤 櫓
   
   桜堀
   
   
   
    巽 櫓
   
   
  石垣の奥に
巽櫓が見えます。
  坤櫓


天守台のすぐ南にあり、
天守閣に変わる
役割を果たしたとみられる。
   
   坤櫓
   くすのき
   
 ONちゃんの    花散策と旅