ONちゃんの    花散策と旅 
世界文化遺産・国宝
 姫 路 城 2017.04.09
特別史跡姫路城跡
桜が満開になりました姫路城を訪ねました。

大天守(国宝)
外観は白漆喰総塗込の壁と入母屋屋根に巧みに組み合わせた
千鳥破風、大千鳥破風・唐破風の装飾が華麗な建築美をみせています。
 
姫  路  城  
別 名  白鷺城(しらさぎじょう、はくろじょう)
城の種別 平山城
築城者  池田輝政(52万石)
築城年 慶長6年(1601)~慶長14年(1609)
遺 構 大天守、東・乾・西小天守など8棟(国宝)、
櫓27棟・門15棟・塀32棟(以上重要文化財)、
中濠以内は特別史跡。
(平成5年12月11日世界文化遺産登録)
天守の構造 木造5層6階、地下1階
所在地  姫路市本町 山陽本線、新幹線「姫路駅」
 特 徴 大天守と東・乾・西小天守を4つの渡櫓で
連結する連立式天守で優美な姿である。
 
   桜門橋と大手門
   
  桜も満開となり
日曜日でもあり
賑わっていました。
   
  お堀に映った
大天守
   
      
   

菱の門

櫓門と呼ばれる型式の
二の丸の入口を固めた門。
城内で最も大きな門です。

    菱の門 
   
     
    大天守を目指して
進んでいます。
   
     
   
   
  大天守 内部
   
  手前が三の丸広場
正面奥がJR姫路駅
   大天守 内部
   東大柱
  大天守より
菱門方面を望む
     
 
菱の門、カの櫓を望む
   

大天守

天守台の東南隅に位置し、
外観5重・内部は
地下1階・地上6階

   大天守の石垣
   
   
   
   
   
  世界各国語で
作成された
パンフレットです。
   
   
  お堀と石垣

真ん中奥に
大手門が見えます。

 ライトアップの姫路城 へ
 
   
 ONちゃんの    花散策と旅