ONちゃんの    花散策と旅 
  世界遺産 元離宮  
 二 条 城 2017.04.09
 
 二条城 二の丸御殿(国宝)
 
 二条城は,慶長8年(1603年),徳川将軍家康が,
京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し,3代将軍家光により,
伏見城の遺構を移すなどして,寛永3年(1626年)に完成したものです。
  二 条 城
別 名  なし
城の種別 平城
築城者  徳川家康
築城年 慶長8年(1603)  寛永3年(1626)増改築
遺 構 全域(史跡)、二の丸御殿6棟(国宝)、
東大手門など22棟(重要文化財)、
二の丸庭園(特別名勝)、二の丸御殿障壁画(重要文化財)
天守の構造 寛¥3年4(1750)落雷で焼失
所在地  京都市中京区二条通堀川通西入二条城町
特 徴 建築・絵画・彫刻・庭園等が総合的に
現存している城郭としては我が国唯一の「もである。
   
   東大手門

二条城の正門にあたり
現存の門は
1662年(寛文2年)頃の
建築と考えられています。
   
  唐門 
(重要文化財)


二の丸御殿の正門にあたり
切妻造、桧皮葺の四脚門。





  二の丸御殿 
  二の丸御殿  
   
    二の丸御殿 
  二の丸御殿と
庭園
     二の丸庭園 
   
     
   
   
   東橋と本丸櫓門
  本丸櫓門 
   
  鳴子門 



南の桃山門と
対になっており
北を向いて本丸を
防御している。
   内堀
  内堀

東橋と本丸櫓門





左奥・・桃山門
   北中仕切門
 
 北大手門



道を挟んだ向かいに
京都所司代屋敷が
存在するので
その連絡門としても
使われたと思われる。
   北大手門 
   
   
   
     東大手門
   東大手門
   
  東南隅櫓
(重要文化財)

外堀の四隅は、
見張り台として
隅櫓が建てられ
普段は、武器庫として
使われていました。
   
   
ONちゃんの    花散策と旅