ONちゃんの    花散策と旅 
国 宝
 犬 山 城 2016.11.19
愛知県犬山市

木曽川の南岸にそそりたつ犬山城   別名「白帝城」

 
 犬山城は豊臣秀吉が生まれた天文6年(1537)、
織田信長の叔父である織田信康によって創建された、現存する日本最古の木造天守です。
 
犬  山  城  
別 名  白帝城
城の種別 平山城 
築城者  織田信康
築城年 天文6年(1537)
遺 構 天守(国宝)
天守の構造 木造本瓦葺3層4階地下2階
所在地  愛知県犬山市 名鉄犬山線 犬山駅
 特 徴 木曽川南岸にそそり立つ日本最古の桃山風の望楼型天守は国宝に指定されている。眼下に木曽川の清流が陽に映え見事な眺望である。明治4年(1871)廃藩置県で廃城となり天守を除いて大部分は取り壊されて公園となった。
参照:城のしおり 全国城郭管理者協議会
 
 天守閣から木曽川方面を望む
正面の山は、伊木山(173.1m)
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   四季桜
   
   天守閣から望む
木曽川方面 
  天守閣から望む
木曽川方面 


正面の山
伊木山




ライン大橋
   
  左上の橋

ツインブリッジ
犬山橋
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   四季桜
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 ONちゃんの    花散策と旅